小学生の学力検査の結果が出ました

子育て

小学生2人の子供がいる作業療法士母さんです。

梅雨も明けました!!!

暑い暑い、長い長い夏休みが始まりました。

親にとっては苦行、、と思うのは私だけでしょうか。

自分の時間が無くなります。

体力をあり余した子供達との格闘ですよ。

とりあえず、自分の感情コントロールをすることが第一目標です。

夏休みが始まると同時に個人面談もありました。

春に行われた地域限定の学力検査の結果が渡されました。

国語 100点

算数 92点

素晴らしい!と母は心の中でガッツポーズです。

間違った算数の問題は、単純な計算問題。いわゆるケアレスミスですね。

帰ってから同じ問題を解かせると正解してました。

うちの子は、こういう単純な計算ミスが多いのが特徴なんです。

このテストの時も見直しをしてなかったみたいですね~。

返還された問題の冊子には余った時間でマンガを書いておりました。

力作です💦

そして、ちょっと面白かった😅

でも、でも、

この時間あったら見直ししよーーーーーーーーー!!

夏休みの課題は、計算の間違いを減らして見直しをする習慣をつける

かなー。

学校が無くなり、親が勉強をみる時間がぐっと増えますね。

自分の子供となると、客観的に見れなくなって頭に血がグワっと昇るのを押さえるのに正直精一杯です。

出来たことより、出来ない事ばかり指摘している自分に気づきました。

子供は基本面倒勉強には省エネモードです。早く終わらせたい一心。

見直しをするには心の余裕が必要なんですよね。

これからは勉強をしたこと、出来た事を認めていつも以上に誉めようと思います。

学年が上がるに連れて、確実に宿題の量も増えてます。

勉強の内容も複雑になってます。

だけど、親にとったら『簡単』。

なので、ついつい

『こんな簡単な問題さっさとやっちゃいなよ』

とか言っちゃってました。

低学年の時は

『すごい!出来たね!』

と、全て誉めてたのにな~と自分を振り返り反省です。

自分が仕事でそんな事を同僚や上司から言われたら、めちゃくちゃ嫌ですよね😢

【こんな仕事簡単だから、早く終わらせて当然だよ】

【こんな簡単な仕事も出来ないの?】

嫌だわ。最悪だわ。この職場。

そんな、自分に置き換えたら分かる事を子どもにしていた自分を平手打ちしたい気持ちです。

この夏、子供をしつけする前に母の心を入れ換えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました