子供の足に良い靴を履かせたい親心

子育て

子供の靴選びは何を基準にして買ったら良いか悩みますよね。

デザインや値段などで選びますか?

実は気にしなくてはいけないポイントが他にもあるんです。

それは「足を育てる靴」を買うこと

なんだ?そりゃ?と感じる方も多いと思います。

足は身体にとってとても重要です。そして子供はまだまだ未発達の足、

そうこれから「育つ足」なんです。

靴選びは親の役目なんです

子供に履かせる靴は、今後の身体の成長を健やかに促すものです。

極端に云えば足に合わない靴ばかり履いていると、浮指になり、身体のバランスが悪くなり

姿勢も変になり、骨格が歪み、成長期以後の頭痛や腰痛の原因となったりします。

世の中には沢山の種類の子供靴が溢れています。数百円から何万円もする物まで。

実際にひとつの靴を履く期間って短いですよね。幼児期だと3ヶ月くらいでしょうか。

そこに一足何万円もかける程の経済的な余裕は我が家にはありません。

なるだけ安く機能的な物を探して購入していました。

ここでは、幼児期~小学生の子供にオススメな靴を感想や口コミを含めて紹介したいと思います。

靴のお下がりは避けた方が無難です

最初にこれだけは伝えたい!

中古は買わないで欲しい。

よくフリマサイトに中古の子供靴がありますよね?

よく見てください!

左右非対称に靴の底が減ってますよ

画像で見えないインソールも履いていた子供の足の型に凹んでますよ

そして靴の全体の形も歪んでます

つまり、中古の靴とは前の持ち主の足に合う靴にカスタマイズされているのです。

それを履く子供はどうでしょう。足を入れた途端『違和感の固まり』です。変に足裏に力が入り指をまげて踏ん張ってしまうかも知れません。

人間は足の裏からの感覚に応じて姿勢を整えています。

凸凹の地面に立っている時を思い浮かべて下さい。腰から上は真っ直ぐだと思います。

その下で足は頭を真っ直ぐに保とうと頑張っています。

中古の靴を履いた子供の身体も同じようになっているのです。

1,000円以下の靴は、2度目がないことが多い

手掛け先で子供が水溜まりで遊びだしてしまい、靴が泥々になったことがありました。

その後もお出かけが続く予定だったので、近くの安い物が売っているお店でセール品で500円の靴を急遽買いました。

まず、甲のベルトが全部開かないから履かせにくい。靴本体から踵まで同じ硬い素材。

その結果、歩く度に踵が痛いと子供からの泣きの訴え…

安いには理由があるんですね。

『安物買いの銭失い』とはこのことかと痛感した出来事でした。

中古を買うならブランド物を!

何らかの事情で子供に中古品を履かせなければならない場合は、方法があります!

それは、新品の単品インソールを買うことです。インソールはダイソーにも売っていますし、スポーツ用品店にも売っており価格もお手頃です。品物によってはハサミで靴に合わせてカットすることも出来ます。

靴選びのチェックポイント

全体を曲げた時にやわらかいこと

実際に靴の踵を持って爪先部分をもう一方の手のひらに押し付けて下さい。

足の指の付け根部分にあたる部分がすんなり曲がる靴を選びましょう。

しゃがんだり、立ち上がったりする時に、その部分が硬いと動きにくくなります。

安い靴は、この部分が硬かったり細身で、足が赤くなったり痛くなりやすいです。

その結果、『もう歩きたくない!だっこ!』となりやすいです。

かかと部分が厚みがありしっかりしていること

『かかとの安定』は大切です。かかとが安定しているから立っていることが出来ます。

是非、この『かかと』部分の硬さと生地の厚さをチェックしてください。

そして生地の縫合の丁寧さも要チェックです。縫合が粗く切れ端が出ていると靴ずれになってしまいます。

つま先が少し反り上がっていること

まだ筋力が弱い子供は足首を上手に曲げることはできません。靴を横からみて自然につま先が反り上がっているのを確認しましょう。

オススメの子供靴 

ニューバランスnew balance

小さい子でも着脱しやすく、親も手伝いやすいマジックベルトです。

そしてなんと、保育士認定を獲得しています。
保育士・幼稚園教諭へのアンケートで
97%が「勧めたい」と回答しています。

理由は、履きやすい!履かせやすい!足によさそう!だそうです。

私もそう思います!

サイズも色も豊富。踵のホールド感や靴全体のしなやかさもあります。

インソールもしっかりとした厚みがあり、脱ぎ履きの際にずれたり取れることはありません。

価格帯は4,000~10,000円です。たまに量販店などでセールしていることがあります。

その時に一気に今後履くであろう少し大きめのサイズを購入しておくのも手です。

私は、自分の子どもにも買いますが、出産祝いにちょとした服と一緒ニューバランスの靴を包んで贈ることが多いです。


アサヒ健康くん

知る人ぞ知る子供靴!その名も「アサヒ健康くん」

アサヒシューズで出している子供靴です。量販店には無いことが多いです。

ある場所は三越などの百貨店で取り扱いがあります。

この商品は、素材や性能面は素晴らしいです。しかしやや耐久性に欠ける印象です。

なぜならもうすぐ履き替えかなと思い始めた3ヶ月目でつま先部分のゴムが少しはがれてきました。

しかし、デザインがとてもシンプルで【赤】【黒】【グレー】とはっきりしているので素敵です。

結婚式などのフォーマルな場面にピッタリだと思います。

価格は7,150円です。


ミキハウス

みんな知っている老舗の子供服メーカーですね。安心感たっぷりです。

そして値段もたっぷり1万円を越えます。

我が家のファーストシューズはミキハウスです。

その理由は、おじいちゃんおばあちゃんパワーです。(購入していただきました!感謝!)

機能性はもちろん優れています。

そしてデザインがロゴが目立たないがシンプルなものからポップな物まで豊富です。


アシックス

スポーツメーカーの子供靴ということで、設計にとってもこだわってます。

アシックスの靴の基本ポイントです。

  • 足に合わせて甲の高さを調整できる
  • つま先は広く厚みがある
  • かかと部分がフィットしている
  • つま先が少し反り上がっている
  • 足が曲がる位置で靴も曲がる
  • 靴底に適度な弾力がある

さすが、ランニングシューズを作っている会社ですよね。この他にも細部にこだわりを感じる靴が多いです。

価格は4,000~8,000円です。


※ムーンスターはセカンドシューズに

はっきり言います!

おすすめしません。

インソールはペラペラで薄く穴があきます。

靴の脱ぎ履きの時にインソールも脱げます。

踵の減りもダントツ速いです。

昔は瞬足、今はスキルシューター。

色も鮮やかで凝ったデザインが多く子供を魅了します。

子供と一緒に足の計測も兼ねて靴屋さんに行くと、必ず子供が選ぶのがこのメーカーの物です。

値段も他のと比べると安いです。

安くて子供が選ぶのであればと、何度か購入しました。

メインでの使用には耐えられない素材です。

でも子供はこの靴がデザインが好きなんです!

歯がゆいですね。

親としてはセカンドシューズとして持っておくには安くて購入しやすいと思います。


足の測定はプロに任せよう

さあ、買いに行こう!ちょっとまて、何センチの靴を買えばよいの?

今、うちの子どもの足の大きさってどのくらい?

って思うと思います。

どんどん大きくなる子どもの足のサイズ正確に親が測ることは難しいです。

子供靴売り場に行くと、「足の幅」「長さ」「高さ」を測定してくれる機械がおいてある店舗があります。

全国にある店舗

・ゲンキ・キッズ

ヒマラヤ

・ゼビオスポーツ

地元の靴屋さんにも探せばあると思います。

測定した記録用紙を頂けるので、それを見て商品を購入します。

気を付けるべきは足幅です。細身なのか幅広なのか、必ずチェックしてください。

そして商品を購入しなくとも大丈夫!機械での測定だけのお客さんは結構います。

実店舗で測定し、試し履きをして良かったらネットで価格が安い同じ商品を購入するのが

手間はかかりますがお得に買うことができると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました